管理者梅原美佐子

「安心・安全・まごころ」を理念に、ご利用者の「住み慣れた家や地域でご家族やご友人と暮らしたい」という

思いに応え、24時間365日体制で必要な看護を提案し提供していきます。

ご利用者やご家族が必要と感じていること、困っていること、不安や疑問、些細な事もぜひご相談下さい。

共に最適なアプローチ、対応を考えていきます。

当ステーションは、ターミナルケアに力を入れています。最期までご自宅で過ごしたいという思いに、最大限応え支援していきます。ご利用者がご家族と共に笑顔で過せる日々を、「看護」の立場からお手伝いさせて頂きます。

サービス内容

看護師がご利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活に合わせたケアやアドバイスを提供します。

「訪問看護」は看護師が自宅療養をしている方のお世話をし、医師の指示のもと診療の補助を行います。

訪問看護では栄養、食事、治療食への支援、入浴、排泄などの日常生活のケアも看護師が行うことができます。

医療の専門家の視点で、日常生活の援助と体調管理の両方が受けられるので、より安心・安全な療養生活を送ることが可能となります。

①病状の観察

病気や障害の状態、血圧、体温、脈拍などのチェックをし、異常の早期発見や対応をします。

②医師の指示による処置や医療機器の管理

点滴や注射、採血、血糖測定などを行います。

経管栄養やカテーテル管理(胃瘻、膀胱留置カテーテルなど)を行います。

痰の吸引や在宅酸素、人工呼吸器の管理などを行います。

服薬確認や服薬方法の指導などを行います。

浣腸や摘便、導尿などを行います。

褥瘡処置や皮膚のケア、体圧分散などを行います。

③ 療養上のお世話や介護方法の指導

身体の清拭や洗浄、入浴介助、排泄コントロール、食事指導等を行います。

④ターミナルケア

がん末期や人生の終末期を住み慣れた場で過せるよう、症状の緩和や心のケアに配慮し、看取

りやグリーフケアなども行っています。

訪問看護ステーションはなのサービスは、看護師や理学療法士がお住まいを訪問し、療養生活を送られている方へ医療の立場からお手伝いさせていただきます。

 

ご本人やご家族の意思、ライフスタイルを尊重し生活の質が向上できるよう予防的な支援から看取りまで支えていきます。また医師と連携して、健康状態を確認することで病気の発症や重症化を防ぎます。

訪問看護
訪問リハビリテーション

障がいをお持ちの方や高齢者の方々のご自宅へ理学療法士等がお伺いし、ご本人やご家族と一緒に生活の再構築を図ります。

「訪問リハビリ」は主治医が必要と判断した要介護者の自宅に、理学療法士等のリハビリ専門職が訪問しリハビリテーションを提供します。

サービスを利用する高齢者の身体機能や動作能力を評価し、心身機能の維持・回復や、日常生活の自立を目指したリハビリを提供しています。